スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    TOP ▲
    今朝、出勤中会社のすぐ近くで年のころ70くらいの男性とすれ違った。
    つるつる頭にチェックの長袖のシャツに短パン。
    彼は雨の中ピンっと背筋を伸ばしてしゃきしゃき歩いてた、いうならばモデルウォーク。そして手には傘を持たずに、赤いバラを一輪大事そうにそして誇らしげに持って。


    一度ちらりと見て、「・・・」「?」「!」「えー!」振りかえる、もう一度振りかえる。人間って予期しない光景にでぐわすと、ほんとおもしろいくらいのいきおいで振り返るリアクションするのね、まるでドッキリの人みたいに。
    それで振り返った彼のはげ頭の後ろ側には辮髪というのかしら、ラーメンマンのように一部分に一房だけ髪の毛がごそっとあった。

    彼は今からどこにいくんだろう、濡れそぼろで。
    彼は今からどこに向かうんだろう、片手にバラを一輪持って。
    彼は今から何をするんだろう、つるっぱげ頭に一房の黒髪を残して。
    彼は今何を思ってるんだろう、短パンにすらりとのびた足を一歩一歩着実にそして自信たっぷりに大地を踏みしめて。


    明日、彼が女性と二人で腕を組みながら歩いてたらそれはプロポーズが成功したということなんだろう。
    私はそっと涙をぬぐう。


    朝から目が覚めた、おじさんのおかげで。
    また逢えるかな?あのバラおじさんに。
    来週は何を持ってモデルウォークしてくれるんだろうかしら。
    スポンサーサイト
    [2004/06/25 23:27] | | トラックバック(0) | コメント(-)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    トラックバック
    トラックバックURL
    http://cayo.blog14.fc2.com/tb.php/942-c22d0ff7
    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。