スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    ハワイ旅行その1
    TOP ▲
     今晩からハワイに行きます。新婚旅行になるのかしら?挙式をしにいくのでそんな気全然してないけど人から「ハニムーンなの?」って言われて、あぁそうか、そうなのか、と思う。
    なぜハワイにしたのかというと、結婚を決めた頃から挙式や披露宴をする気はあまりなくお互いに別にどっちでもいい、という考え方だったのでそれならもったいないからやらなくていいか、でも写真だけ撮りにいこうね、と決めた。でもそれぞれのおうちに結婚の挨拶をしにいったとき「挙式くらいはやったほうがいい」と言われた。日本でやるのがあれなら自分たちだけで行ってもいいから海外挙式とかやりなさいって。あー結婚ってやっぱり自分たちだけじゃないのね、家族ありきなのね、って実感。で、二人ともどっちでもよかった人なので、じゃあやりましょうか。日本だと東京・大阪って二人とも知人が別れるし、そんな大規模なものがしたいわけじゃないのでこじんまりと海外挙式でいいよね。場所や計画は全て自分の好きなように決めていいよ、とだんさんが言ってくれたので私が学生時代短期留学をしてた思い出の地ハワイで行うことにした。思い出もあるし、何よりもベタが一番。だって道ができあがってるからまっすぐ進みやすいもの。ということで6月くらいからぼちぼちと情報集めや予約をしたりしながら決めたハワイ挙式に向けて今日からオアフ島へ出発です。
     すでに前置きがえらく長くなってるけど、もうちょっと前置きしてみます、ここら辺は別に読まなくてもいいところですからね。えと、これから思いつくままにハワイレポ書いてみようと思います。でもレポっていうより「日記」になると思う。毎日書いてる書き方となんらかわりのない形でね、あれしたよ、ここにいったよ、それ食べたよ的な。だから有益な情報とか読みやすさとかあんまり考えてないです、ごめんちゃい。それでもよかったらおつきあいください。もう一個だけ前置き。多分日記進めていくと「私が学生時代は・・」とか「私が留学してた頃は・・」という文章がくどいほど続く気がする。しょうがないの、私アーカイビズムだから。回顧厨なん。許してね。ではアホほど前置きが長くなったけどハワイレポ始まるよ!

     今回のハワイ旅は挙式をあげるためのもので、はじめは自分たちだけで行っておいでって言ってたそれぞれの両親も、せっかくなのでよければハワイまで来てくださいと誘って双方の両親たちもくることになった。東京からは私・旦那・私の次兄・兄嫁・旦那の弟さん、そして大阪からは私の父・母、母の姉、旦那父・母・旦那父の叔母という総勢11名という大所帯。そりゃあもう変更があったり行き違いがあったりと手配全部を請け負ってた私は何度か泣きそうになり、旅行会社への手配が全部完了したのは出発4日前というありさまでなんとか今日までこぎつけた。次兄夫婦は一日前にすでに出発しており、残りのメンツは今日出発。
     私は成田空港からの出発が初めてだ。トランジットに使った事はあるけど陸路で成田まで向かうのは初めて。我が家からだと色んな行き方があるけど貧乏な私たちは安い方法をチョイス。井の頭線・中央線・京浜東北線・京成線を乗り継いで2時間かけて成田空港到着。遠っ!空港に着いたら弟さん(って言っても私の一個上、さらに言うと偶然だが私の高校の先輩)はすでに二時間前に着いてたらしい。ネットができないと到着時間読めないんね。JALのカウンターでチェックインしたらばこの便は満員なので三人ともバラバラのお席になります、って。   ・・・ え! 思わず聞きなおした。2人、1人でもいいのでって少し食い下がってみたけどそれでもダメですって。二時間前にチェックインしてんのに、信じられない。新婚旅行なのに、やりきれない。なんか腑に落ちないっていうか悲しい気持ちで晩ご飯を食べにレストラン街に行く。どの店も高い、なんだかだんだん成田が嫌いになってきた。
     機内でお互いの席の隣の人が一人ものだったら事情説明して変わってもらおうと言ってたのに見事私たちのまわりは男女カップルばっかりで軽く飛び降りたくなった。私たち夫婦は新婚旅行なのに座席前後(これでも事情説明して横にずれてもらった)でハワイにむかいます。8時間、何の罰ゲームですか、これは。
     機内サービスのドリンクでスパークリングワイン頼んだらフライトアテンダントに「アルコール分わりと高くてきついですよ?」と心配される。うるさい、毛もぼーぼー生えてるし、飲みたい気分なんじゃい、ほっとけ。そしたらなんかしらないけどおつまみ二つくれた。ミールサービスはでるって分かってるのに晩ご飯食べてしまったので半分以上残した。機内食に心躍らせてた無垢の頃が懐かしい。20051010141210.jpg
    長いこと長距離での飛行機に乗ってなかったけど最近の機内アミューズメントは実に充実してるのね。映画も前方スクリーンで時間を決めてっていうのじゃなくて、MAGICというサービスで映画なども自分が見たいものを個人用スクリーンで見られるようになってた。便利になったものだ。「バットマン ビギンズ」を見たかったのだが始まりの時間が合わなかったため「姑獲鳥の夏」を見ることにした。ラストのほうでだいたい展開が読めたとたん急に眠気をおそってきてそのままホノルル空港到着1時間前までずっと眠り続ける。
     そして朝10時15分(日本時間は翌日5時15分)ホノルル空港到着。日付変更線を通ってるので10月2日という日を二度味わう。朝だからかそんなに暑いということもなく本当にハワイに着いたのか?と少し思った。でもちんたら入国審査をしてるさまなどを見ると「あ、日本じゃないわ」と実感。割と厳しい入国審査で私たちは夫婦だしなんの問題もなくパスできたのだけど弟さんはひっかかっており「犯罪歴はないのか?」などものすごいしつこく聞かれてた。そういえば行きしなも金属探知器からすでにひっかかってて身ぐるみはがされてた。あぁいう関所ものは例外なくつっかかるそうだ。やさしそうなお顔だちをしてるのだが不思議なもんだわ。入国したらしてで別にいいのにプカシェル(貝殻のネックレス)を渡されアロハポーズで記念写真撮られた。そんなんええから早くワイキキまで連れてってくれ。ワイキキまでついたらついたでDFSに連れてからてオプションツアーやお土産の話を延々とされる。おまけに13時まで店内に閉じこめられる。うがー!今日は挙式の打ち合わせが詰まってるの!歩いてホテルまで勝手に行ったろうかとも思ったけど打ち合わせ用の電話を方々にしてたらそれなりに時間が過ぎていった。
     13時半やっと解放されるがまずは部屋に入る前に挙式後のレセプションパーティーを予約してる店の方にホテルまで来ていただいて入金手配する。約束の時間より三十分も遅れてしまったのでへーこらへーこらお詫びしたがよく考えてみたら私が悪いんじゃない。
     ようやく部屋に入ることができた。海外旅行に行ってもホテルは足の便さえよければ多少古くても気にしない私だけど今回はいつもの旅行よりもグレードアップしてみてHISお薦めのハイアットリージェンシー・ワイキキ・リゾート・アンド・スパに泊まってみた。私は留学中からの憧れのホテルのシェラトン・モアナ・サーフライダーかロイヤルハワイアンに泊まってみたかったのだがHISの担当の方が格式高く歴史が深い分だけ部屋には色々あるのでもしかして古い汚い部屋に通されるかもしれないので改装後でとてもキレイで部屋が広いというハイアットをお薦めされたのをそのまま従った。憧れのホテルはそれはそれで気になるけど押しに弱いの私。そして今回はさらに贅沢してみて海の見える部屋を指定してみた。
    18階からの眺め

    ベランダに出てみると海もそしてダイアモンドヘッドを見える素晴らしい眺めに感動してしばしうっとりする。
    ぼんやり過ごしたいのもやまやまだけど次の予定の時間が迫ってきたのでロビーで義姉と待ち合わせてウエディングサービス会社とドレス屋さんとの打ち合わせに向かう。15時ドレス屋さんの店舗にてまずはウエディングサービス会社と挙式当日の段取りなどの説明を受ける。メイクや髪型なども今日話合うのかと思ったらそれは当日メイクさんと話あってください、と。少し不安。それがすむと今度はドレスの打ち合わせ。私は日本で試着をしてドレスを決めていたのでサイズ合わせとベールなどの小物合わせだけだっだけどだんさんのタキシード選びが残ってた。グレーがいいねーって言ってたのだけどグレーはなく黒か白。それに形のバリエーションが少しあるだけで男物はほんと数が少なかった。並んでるタキシードをぱっと見てこれがいいと思ったのは三人とも同じでだんさんがそれを試着してみると確かに似合っていた。ほぼそれに決定だったのだけどおもしろい(?)ので白いタキシードも着てみた。試着室かr出てくるなり顔を見合わせて爆笑した。似合わねー。まるで研修医とかそんな感じのお医者さんだった。タキシードじゃなくて白衣やん。店内で写真を撮らせてくれなかったのがいまでも悔しい。打ち合わせはそんな感じで済んでホテルまで戻る。ホノルル空港到着後市内観光を申し込んでおいた大阪組の両親たちに挨拶しなければ。私たち以外はハイアット隣りのシェラトン・プリンセス・カイウラニに宿を取ってる。ロビーで総勢10人揃って明日とあさっての時間等の説明をしてから解散。一緒にご飯食べにいくのかと思ったけど弟さんがまだ別行動してて捕まらないし、私たちも明日からにむけて買い物などがあったので今夜は別々に取った。
     私と旦那さんはカラカウア通りを歩きながら旦那さんのアロハシャツを買ったりして(結局小さかったのであとで私のものになったけど)、「アランチーノ」でイタリアンを食べる。薄焼きのピザがとってもおいしかった。お腹もくちくなったのでホテルへ戻り22時頃きゅっと寝た。
    スポンサーサイト
    [2005/10/02 13:22] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    ≪ハワイ旅行その2 | ホーム | 焼き鳥≫
    コメント
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://cayo.blog14.fc2.com/tb.php/1057-fcbe2082
    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。