monthly

  2006年07月  

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    鮭の粕漬け
    TOP ▲
    20061005101213.jpg

     北陸旅行から帰ってきてからお魚熱が収まらない。肉よりもお魚気分。こんなん珍しい。
    <鮭の粕漬け、鶏ジャガ芋、納豆、豆腐とわかめのみそ汁>
    スポンサーサイト
    [2006/07/31 10:11] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    肉素麺
    TOP ▲
    20061005100755.jpg

     冷蔵庫の残り物で珍しく創作料理作った。鶏そぼろとシソと玉葱炒めて魚礁(いしる)と塩胡椒で味ととのえて素麺の上にぶっかけ。なんとなく南国の味がしていい感じでした。
    <肉素麺、たたきキュウリの味噌和え、わかめスープ、冷や奴>
    [2006/07/30 10:07] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    鯛飯
    TOP ▲
    20061005095835.jpg

    20061005095849.jpg

     鯛がちょうどおうちにあったのでベイちゃんに作り方教えてもらって鯛飯作ってみた。出汁と生姜と醤油と鯛と炊飯器でお米を炊く。炊きあがった上に三つ葉とみょうがを加えしばし蒸らして、がっしゅがっしゅとかき混ぜる。醤油と出汁の量足りなかったのか味が薄すぎたけども旨かった。お昼ご飯におにぎりしてもっててもいいな。たくさん炊いたので鯛茶漬けにしてみようと思う。鯛丸ごとだと見栄えはいいが、骨とるのめんどくさいので今度は切り身で作ろう。
    <鯛飯、鶏とジャガ芋と玉葱の煮物、冷や奴、葱とわかめと豆腐のみそ汁>
    [2006/07/27 09:58] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    ラタトゥーユ風カレー
    TOP ▲
    20061005095449.jpg

    カレーの具はカボチャとひき肉とパプリカとズッキーニ。
    <ラタトゥーユ風カレー、サラダ>
    [2006/07/26 09:54] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    みりん干し
    TOP ▲
    20061005095045.jpg

    おひたしにかけたのは輪島で買ってきた魚礁「いしる」です。ナンプラーと醤油っぽい風味でおいしい。
    <みりん干し、ほうれん草のおひたし、スナックエンドウ、わかめと豆腐のおみそ汁>
    [2006/07/24 09:50] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    ひつまぶし
    TOP ▲
     朝早めに家出る。実家の家族とはお別れです。何度やっても家族にバイバイって手を振ることがなれない。
    ダーとは隣の駅で待ち合わせして難波に向かい、名古屋にむけて近鉄アーバンライナーに乗り込む。初アーバンライナーでテンションあがっただーさんなのに、古い車両でがっかりみたい。
    名古屋駅には早めに到着したので荷物預けるロッカー探したり、お土産ものを見てたりしたら先輩から愛のメールがなる。金の時計の元、ジュンジュンと一年ぶりの逢瀬です!久しぶりのジュンジュンは街歩いてれば振り返るほどお美しく、そして鳥をもうっとりする美声…ああ、麗しや、麗しや…!おがんどこ。わたしはダーさんも一緒にくることを伝えてたと思ってたが、どうやらはっきり言ってなかったみたいでジュンジュンのえろう驚いてる事よ。うれしいボーナスや!って喜んでいただけてそれはそれでとってもうれしいです。
    待ちわびてお腹減ってた私たちをジュンジュン添乗員さんは栄にあるラッシクの「備長」へ連れていってくれた。名古屋といえばひつまぶしだものね!前回の名古屋ツアーのときは「あつた蓬莱軒」を教えていただいたんだけど、今回は違う店がよかろうジュンジュンの粋な計らいで「備長」にいった。鰻を待つ間、ジュンジュンから手ぬぐいとゴートミルクの石鹸もらったの!うれしい!!!突然の来名だったのにお土産まで用意していただいて…感動です。私には青地、だーさんには茶色地にそれぞれのidを染め抜いてくださったの。大事に使うー、ってか使えないー。さて「備長」の鰻ですが、蓬莱軒のに比べて表面がカリカリっとクリスピーです。
    20061005094248.jpg

    20061005094302.jpg

    どっちがより好みかっていうと難しいなー!その時々の気分によるかも。でも夏はクリスピーなの方がいいかも。ひつまぶしをゆっくりと堪能してからお店を出て、ラシックをちらちらっと流し見。
    そのあとはジュンジュンお薦めの雑貨屋さんに連れてってもらった。名前は忘れてしまったけど、店内でブックカバー展なぞやってたりしててとてもかわいいお店でした。雨そぼる中、そのまわり(栄で、三越とパルコと公園のあたり)をうろうろして気になった雑貨屋さんに入ってって「かわいいねー!」「いいねー!」ってキャッキャ言って冷やかし三昧。
    歩き疲れた私たちはテレビ塔まで行って休憩。お目当ては「ミセス・ハート」の天使のババロアです。
    20061005094400.jpg
    テレビ塔の中のお店は満席だったため(狭い店舗といえ平日の真っ昼間なのに!)、持ち帰りしてお外のテラス席で食べる事にした。これが大正解。ちょうど雨があがったこの時間、さわやかな風が吹き梅雨の最中といえむしむしせず、7月とはいえ暑苦しくなくちょうどいい気候の中、三人でまたーーーと過ごすことができた。天使のババロアですが、とってもなめらかで口に入れるととろとろって溶け、そしてやさしい風味が広がります。旨いのです。すっごい旨いのです。あー、おいしいものは地元民に聞くのが一番だよなー。テレビ塔の下で1時間?いやもっと長い時間まったりと過ごしていました。すっごい気持ちよかった。長旅を締めくくる今日、こんな風に過ごせた事がとても幸せだなーって思った。前回と前々回とジュンジュンと会ったときは、イベントがありゆっくりと話せなかったけど今日は何の予定があるわけでもなく、ただ時間の許す限りのんべんだらりと過ごして、こういうのっていいな。
     そろそろ長旅を終える時間がやってきました。ジュンジュンと名古屋駅まで向かってお別れ。さみしいなあー…次は東京かな?それともまた名古屋かな。ジュンジュンとは気張らず話せるので心が疲れません。また雑貨屋さん巡りの旅に連れてってね。おいしいお店教えてね。そして今日ありがとう!忙しい中なのに無理言っちゃってごめんね。夫婦とも大満足です、ありがとうありがとう!
     新幹線に「天むす」持ち込んでもさもさ食べながら旅を振り返る。ちょうど一週間、長いようで短かったな。毎日、毎日がこれでもかっていうくらい楽しかったな。無駄な日、段取り悪かった日なんて一日もない。うまくないものなんて食べてないな。あー幸せだった、幸せすぎた。上手に旅をまわった自分プランに拍手!つきあってくれただーさんにも拍手!
    間違いなく天国の一週間でございました。各所、各地でお世話になった友達諸君、言葉で言い尽くせないほどのありがとう!
    [2006/07/21 09:27] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    アボカドバーガー
    TOP ▲
    だー実家でおいしい朝食をよばれてから、なんばに向けて出発。私の大事なラブリーとの約束があるの!今日はへよんと私とおとうちゃんでデートなの。たまたま会社が有給だったので遊んでもらいました。こりゃ運命だね!うほっ。 ビールを飲みながらゆっくりまったりランチ出来るところつってまたもや行ってきましたクアアイナ。ハワイのビールはうまいー。それにしてもへよんといると安心する。へよんが笑ってるといっぱいうれしくなる。ああ、なんだろう、この気持ち。恋?
    たわいものない話をして、笑ってのんびりと気持ちよく過ごしてから、なんばパークスとなんばシティーをぷらぷらと買い物に出た。バーゲン!バーゲン!へよんと私はお洋服の趣味が似ているので遠慮なく店選びできるのがとってもうれしい。シティーの広場にあるピタゴラスイッチのような仕掛け噴水を興味深く、子供と並んでしばらく眺めていただーさんだったが買い物待ちの暇さに絶えかね、まだかかるんだったらお茶してるのでゆっくりまわっといでーとやさしい一声。遠慮しませんよ、ゆっくり見ますよ。そのかわりDSを預けといた。
    買い物(と待つの)に疲れた一行は、なんばウォークの「冰館」へ。あこがれの「冰館」! マンゴリーナとしてずっとずっと行きたかったのだよ!それぞれ違う味を頼んだのだけど、練乳を練り混んだ氷をスライスしたものが不思議な食感、不思議な味だった!ふわふわってしててなおかつ口の中でとろける!マンゴに満足した一行は再びなんばパークスへ戻り、手芸屋をうろついてから時間がくるまでお茶することにした。難波駅周辺はほんとあきないし、いつまでたっても私のテリトリーよ。
    私は次の約束の時間が来てしまったので、私は淀屋橋へ向かい、二人はtheサシ飲みに向かった。淀屋橋で前の会社の面々と待ち合わせして「キチリ」へ晩ご飯食べにいった。いわゆるおしゃれ居酒屋ですわ。個室なんかもあっちゃたりして合コン向きの店でーす。こんなとこ百億光年ぶり。なつかしい…
    ココタニを含む前の会社の女の子4人が集まってそれぞれの近況や会社の状態を教えてもらう。またもや女性社員、全員彼氏いない状態になったようだ…絶対呪われてる、もしくは字画や方角悪いはず。だってみんなとってもかわいいのにね。
    私が辞めてから一年経つんだねー、なんつってしみじみしながら。いっぱい笑って、いっぱい喋ったけど、今の会社の話には当たり前だけどついていけなくって。それはそれでさみしくって、複雑。でもとっても楽しかったです。
    みんなと別れて再びへよん・とうちゃん飲み会の元へ。二人揃って説教されたり、無視したりしてたらあっという間に終電の時間も近づき、へよんとは泣く泣くお別れ。ってか本気で泣きそうや… 今晩もおとうちゃんは自分ち、私は自分ちに帰り別々のお宿です。
    [2006/07/20 22:41] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    味噌田楽
    TOP ▲
     朝起きると窓の外は豪雨。ごううごううごううごうう!お前はもう見飽きた!でも今日の豪雨はちょと心配。だーさんからも心配の電話が何度かかかってくる。なぜなら今日はひっさしぶしの車の運転が待ってるからな。しかも乗った事のないレンタカーだかんな。どうしよう…とまんじりとしてても始まらない。じき小ぶりになるだろうと意を決して家を出る。実は心配半分、楽しみ半分なのです。結婚にともなう引っ越しのため私のかわいい車を泣く泣く売ってから1年経ち、東京じゃ車は必要ないからと自分に言い聞かせてたものの、おとついちはこの車に乗ったらふつふつと運転欲がわき、ああ車ほしい!遠出したい!世界を我がものに!って思ってたところだからね。
    母親が知り合いのところから借りてきたレンタカーはパッソ。小さめのでお願いしますっつったらコレがきた。なんかかわいいな!パッソプチプチプチトヨタ!こわごわと走り出し、しばらくして慣れてきたらこっちのもの!車間距離狭いのも相変わらずの私です。だーさんを途中ピックアップしてからさぁ三重にむけてレッツセーフティードライビング!
    今回のドライブのメンバーは私とおとうちゃんと父母。どこに行くのかというと三重の山奥にある父方のお墓参り。おじいちゃんは亡くなって20年ほど経つ。おじいちゃんは私んちから電車で一本ということもあってしょっちゅう遊びに行ってた。私はおじいちゃんにとって一番下の孫。おとうさんが車乗りながら、おじいと言えば、お前(私)がおじいがあぐらを組んだ足の中に座ってた事を思い出す、なんとか思い出話をするのでちょっとしんみり。花嫁姿は見せてあげれなかったけど、今から旦那さんを見せにいくからね。
    とかなんとか言いつつ、運転を楽しみながら三重到着。えらいぞ、ナビ!はじめての経験だったけど、指示が遅いのな、ナビ!まずはお墓参りをして、親戚んちいくつかまわってから(父の不慣れなナビで私が相当いらだってしまい、だーさんにまぁまぁとなだめられるような事件もあったっけな…)お昼ご飯を食べに「わかや」へ。田楽がおいしいお店なのです。
    コースをみんなでわけわけしてお腹もくちくなりお店をあとにする。
    20060828223746.jpg

    20060828223801.jpg

    帰り道は事故渋滞にはまってしまい1時間半で帰れるところを3時間ほどかかった。あと、調子乗って高速の追い越し右車線で走ってしまい、急カーブ連続の難所でやはり運転下手の私にはスピードを落とさざるを得なく、後ろからあおられてかなりあわあわになった。ちょう恐かった…でも久しぶりの運転は楽しかった!帰り道すれ違う車を見てはあんなんほしいな!とだーさんとはしゃぐのも楽しかった。
    一旦、実家に帰りちょっと休憩してからだーさんの実家へ向かう。今晩はだーさん実家宅泊まりなのです。近すぎる実家どおしってのも大変やで!晩ご飯には私とだーさんと義父・義母とでイタリアンを食べながら、義父の3ヶ月に及ぶ欧州一人旅の話を聞く。2人用のコースを4人で分けて食べたんだけど、それでもかなりボリュームがあった。なんか最近は適量でない料理が多すぎると思う。輪島と金沢のお宿の料理がとても適量だったので、特に思うよ。なんかもったいないね、つくづくと。
    だー実家でトリビアを4人で笑いながら見てから、今晩は早々におねむになりました。運転でちょっとくたびれたのでね。
    [2006/07/19 22:30] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    お寿司
    TOP ▲
     この旅で一番狭い部屋だったのにだーさんは一番よく寝れたそうです。悲しきサガよ。今日も早めにチェックアウトし、駅に荷物を預けてからバスで兼六園に向かいました。雨降る中の兼六園散策でしたが、それはそれで楽しかったです。緑色が洗われたようにキレイです。それこそ小さい頃は母の里帰りのついでに足を運んだり、最後に行ったのはツアコンのバイトしてた頃以来の兼六園でしたがなんか初めてのところのような気がしておもしろかった。一周してから園を出て21美の横をぬけて片町へ。昼ご飯まで少し時間があったので珈琲タイム。朝の私は珈琲飲まないと使いものならんのです。時間つぶしてから
    もう一度堅町へ行って昨日買いそびれた猫レターを購入!
    4日間の能登半島の旅を締めくくるのは「小松弥助」さんのお寿司です。 やぁ…!!!!!!!!びっくりしたあ…!!!!!!すっごいうまかったのよ!それ以外感想はないよ。旨い以外に何言ったらいいの?お魚は全て新鮮なのは当たり前。シャリの握り方も今まで食べたお寿司の中でも秀逸だった。ふわっとしてそして口に入れるとやさしくほぐれる。幸せのお寿司…黄金のお寿司…!!!!どのネタも最高に旨かったです。この時よ、永遠に続け…と願ったのでした。大将がとっても素敵なおじさまで、お話も楽しい方でした。写真もキレイに撮ってや、とお寿司の向きまで指定してくれたり。値段もまぁ、それなりにそれなりに決しておやすくはないんだけど、この感動プライスレス!
    20060828221850.jpg

    20060828221905.jpg

    20060828221924.jpg

    20060828221940.jpg

    お寿司に満足した私たちはぷらぷら散歩がてら21美付近まで戻り「つぼみ」で葛きりと冷やし善哉を食べた。雰囲気がとっても落ち着くお店。21美裏は裏原っぽくていいなー。金沢で遊び足りない気持ちをまだまだ残しつつ駅まで戻り、お土産を購入。金沢はとても美しいお菓子が多くって目移りするよ!会社用には「紙ふうせん」と「俵屋」の飴。実家の父には「しろせんべい」でおばあちゃんには「不室屋」のお吸い物。義母には「村上」のわり氷で義父と自分たち用に「加賀の雪酒」です。雪酒はアイちゃんに教えてもらった素敵お土産。
    さぁサンダーバードに乗って一路大阪へ!2時間半くらいで大阪駅に着く予定が…大雨の影響で徐行運転につく徐行運転。結局大阪に着いたのは4時間後。6時を回ってしまいました。退屈にまかせて電車に持ち込んだフライデーとフラッシュを熟読しすぎて「くまぇり」についていらんほど知識を蓄えた。駅で別れてそれぞれ各々の実家に直行するつもりが、たまらんちんお腹が減ってしまったのでなんばパークスの「クアアイナ」食べにいってから夫婦解散とあいなりました。夫婦が別れる寝るのはちょっと久しぶりなのでした。
    久しぶりの実家はみんなとても元気で畳みの感じが懐かしく必要以上にごろごろ寝ころんで過ごした。
    [2006/07/18 22:13] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    鰤の太巻き
    TOP ▲
    朝ー!毎朝7時起きだけども寝るのが早いので比較的目覚めのいい朝。朝ご飯は岩魚の甘露煮が最高においしかった。だーさん、昨朝に続いてご飯三杯おかわり。
    20060826180211.jpg

    もっかいお風呂入って、チェックインより早い目に宿を出る。またバスにがたこと揺られて金沢駅へ向かい、まずは駅にある旅情報センターのようなところでネットぽちぽちして本日の宿を検索。今晩の宿泊はノープランなのです。なんとかなるだろうって。やー、なんとかなったね。駅近の普通のビジネスホテルでダブルが二人で8000円ってところみつけた。一人8000円じゃないよ、二人で8000円。申し込んで宿に出向いて荷物預けて、もっかい駅に戻ってそれでも時間があったので喫茶店で一息。珈琲がないと目が覚めないのよ。トイレ行って席に戻るとだーさんが何喰わぬ顔してクリームソーダーつっついててびっくりした。ええええ!!!ペパーミントグリーンとアイボリーのコントラスト!時間がきたので店をあとにして改札前へ行く。今日はちはことアイちゃんと待ち合わせなのです。夢の金沢デートの日なんです。うれしいなあ!こんなかわいこちゃんと一緒にデートできるなんて!
    四人でとことこ歩いて駐車場へ。ちは運転、アイナビによる金沢周遊スタートです。
    まずはお腹が減った私たちをアイナビが東茶屋街を案内。向かうは自由軒。 レトロな建物の中は意外に普通の定食屋さん風。満席だったため私たちはカウンターで四人並んでそれぞれ違うものを選んでオーダー。私はカツ丼、ちははカツカレー、だーさんはハヤシライスにアイちゃんはプレート。一口食べてはみんなで回し食べ。全部うまー!まじうまー!プレートのオムライスが醤油味で一番おいしかった。私のカツ丼は湯がいたキャベツとキュウリが上にトッピングされておりあっさりこってりのコラボレーション。
    20060826180656.jpg

    20060826180706.jpg

    20060826180717.jpg

    20060826180726.jpg

    でっかくなった腹をかかえて東茶屋街をうろうろ歩く。いいね、ひがし茶屋街。お茶屋建の風情のある古い街並みが残っててすごい素敵。小京都っていうのかしら。この街を歩きながら私が一番口にした言葉は「ここSAVVYに載ってた!」でした。アイちゃんがSAVVYをよく知ってる娘さんやからヨカッタけど、しらん人からすると相当うざい気もする。どんなけSAVVYスキやねん…。めっちゃスキやねん。「くるみや」で実家へのお土産にクルミのお菓子と手ぬぐい、テッシュケースを購入。所在なさげにしてるおとうちゃんにこの柄(日本酒ボトルてぬぐい)でこのサイズの探して!って試しに命令してみると、たくさんの手ぬぐいの山の中からものの2秒で見つけだした。あれはちょっと相当かっこよかった。くるみやのてぬぐいは値段もお手頃で、お土産に買った加賀くるみもお母さんに好評でした。
    次はまた車で新堅町にうつって、ぷらぷらと散歩。大阪でいうならば北堀江、京都でいうならば寺町通りか!かわいい雑貨屋さんや愉快なおもちゃ、はてまた食器まで揃ってて飽きない。難をいうならちょっと距離短いかな。アイちゃんが連れて行ってくれた店、ベンリー…レジスタン…ノワイヨ…phonoは全てが好みだった。
    ちょっと歩き疲れた私たちは次の目的地「コラボン」へ移動コラボンの目当てはわんこ…だんごちゃーーーーーん!お店の奥からひょこって顔を出して、しっぽをふって私たちのもとへ近づいてくれた。だんごちゃんは男の人が好きなんだよって聞いてたから犬スキのだーさんは楽しみにしてたのに、この日の一番人気はアイちゃんだった。アイちゃんの膝にのり、アイちゃんをぺろぺろとなめまくる。私も顔を近づけたらなめてくれたよ!きゃほー!
    20060826181305.jpg

    コラボンは器がとってもかわいくて、ソファーも心地いいのですっごくくつろげるカフェでした。
    20060826182252.jpg

    コラボンを出て晩ご飯まで少し時間があったのでまたあお茶しようって片町の「full of beans」へ行った。ここもまた雑貨がかわいくて、ソファーが落ち着くいいカフェだった。
    さてさて、「full of beans」を出た私たちは私のリクエストで「田村」へ晩ご飯を食べに車を走らせた。「田村」は金沢行く前にアイちゃんからもお薦めしてくださったし、江口寿史の正直日記にも出てきた居酒屋さん。行ってみようとは思ってたけど4人でいけるなんてすごいうれしいよ!
    とても情緒深い浅野川のほとりを車で走らせ、「リュウくん…!!!!」なんつって汚れた舌ごっこをしてたらうっかり店を通り過ぎてしまいましたが、よっこいせのこらせと駐車場に着きました。 2階座敷席でビール乾杯!運転手のちはこはウーロン茶でごめんやで。田村会席一人前とあとはアラカルトで適当に注文。この選択は正しかった。だって田村会席のは量が多いので一人一人頼んだらえらいことになってたはずです。お魚がほんとウマイ…!!あと蟹クリームコロッケもおいしかった。ダチョウのハンバーグはなんてことない感じでしたが。
    20060826182325.jpg

    20060826182343.jpg

    四人でつきないバカ話をしながら夜は更けて行く。
    そろそろイイ時間になったのでお店を出て私たち宿泊のホテルまで送ってもらった。アイちゃんとちはことはここでお別れ。
    バイバイするときかなりさみしかった。泣きそうなくらい…次はいつ会えるかなー、近いうちに会えるよね。ちはことは久しぶりに逢えたけどほんとかわいくて話が楽しくて。ぎゅーってしたくなる。アイちゃんは頼りがいがあって妹なんだけどお姉ちゃんみたい。ずっと仲良くしたい。さようならが切ないわー。
    この日私たちが泊まったのは金沢駅歩いて3分ほどの「キャスルイン金沢」。安いビジネスホテルなのでたいして期待してなかったけど、部屋は普通のものの、大浴場があったのです。なんちゃって露天風呂もあってね。これはうれしい誤算でした。
    [2006/07/17 18:01] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    岩魚のあらい
    TOP ▲
     朝起きたら眠気覚ましに二度目の温泉。深三は朝ご飯もとっても美味で、みりん干しのお魚がこれでもかってくらいおいしかった。
    20060826165443.jpg

    早めにチェックアウトを済ませ、8時頃から朝市に出かける。輪島名産の魚礁「いしる」を購入した。イカのとイワシのとあるんだけど昨日旅館で食べたイカのいしるを和えたほうれん草のおひたしがおいしかったので迷う事なくイカのを購入。あとお土産に塗り物の小さいスプーンも買った。
    途中叔母さんと合流して、車でお墓参りに連れてってもらう。おじいさま・おばあさまお久しぶりです。これが旦那さんですよー、つうて。叔母さん宅よっておいしい珈琲よばれたあと、バスで一路金沢へ。能登鉄道が廃線になってしまってから金沢への移動手段はバスしかないのです。バス乗ったらすぐに二人とも爆睡。ふと目が覚めれば金沢の町はすぐそこ、そして窓の外は豪雨…。外は豪雨でも定刻通りに金沢駅西口に到着。私た21世紀美術館に行きたいのでそれより先の停留所を目指す。しっかし駅周辺は混んでる!駅までは順調に進んでたのに広坂までたどりつくのに30分以上かかったよ!おかげで私たちのお腹はぺっこりーな。でも金沢の友達、アイちゃんにリサーチ済みなので焦らないー、困らなーい。金沢に向かう途中「21美近くでお昼食べれるところおせーてー!」という私のぼんやりとしたリクエストメールにすぐさま返信!さすが!おかげでバスの中で場所も道順も予習確認済み。こういうことはだーさんに任せておくと実に助かるのです。大通りから少し外れたところにある店だったけどおかげで迷う事なくたどりつけた。アイちゃん推薦のお店は「いたる」というところでした。「いたる」は夜はおいしい魚のものをつまむ飲み屋さんで、木の雰囲気が落ち着く素敵なお店でした。ランチメニューはアラカルトではなくセットになっており、私たちは21美愉快席ランチ(…失笑)と大人様ランチをオーダー。刺身盛りのタコの吸盤がでらうまい。温たまご飯も旨かった。これは「わ」のスペたまご飯に並ぶうまさなの。卵とあつあつのご飯と胡麻油ってあうのねー、うっとり。
    20060826174004.jpg

    20060826174025.jpg

    お腹もいっぱいになったので、満を持して「21世紀美術館」に向かいました。 21美はずっとずっと行ってみたかったところなので、今回の旅行のメインイベントって言っても過言じゃない。本当はすいてるだろうとまだ予定がない火曜日(平日)に行く予定だったけど、なんだかイヤな予感がし、昨日確認してみるとやっぱり休館日だったため急遽本日行く事にした。三連休の中日だから混んでるんだろうなー、やだなー…。って思ったけどそんなにたいして混んでませんでした。雨降ったりやんだりだったからかしら?レアンドロのプールも花の壁紙も想像以上に素敵だったし、全ての展示物に感心関心感動。特に「パナマレンコ」という作家さんのバカっぷりが天を突き抜けててかっこよかったよ。

    20060826175104.jpg

    20060826175131.jpg

    21美は「「鈴木則文/エンタテインメントの極意」」という催しをやっており、鈴木監督の珠玉の作品を上映、そして鈴木則文×柳下毅一郎まで用意されてた。すっごい見たいし、聞きたかったけど時間的にどうしても無理っぽかったので断念。非常に残念。 あとで知ったけども私の好きな小説家の殊能将之さんが三日連続見にこられてたみたい!
    後ろ髪ひかれる思いで後にしたが、21美はすっごい素敵な美術館だった。またすぐにでも行きたい!こんなものがある金沢はいい街だね。
    さて、金沢駅まで戻るのだが、館外に出る頃にはちょうど雨もやんでて、私が駅まで近い!歩けるよ!と豪語したので、二人で荷物をがらがらひきながら金沢の街を闊歩。21美→ 駅…思ったより遠かった…ゆうに30分はかかった。駅に着く頃にはぐったりとしてしまったが、それでも金沢の街を堪能できたかと思うとそんなにしんどくない。
    今日のお宿は「銭がめ」です。 SAVVYで何度か取り扱われてる旅館で、京都の有名料理店「枝魯枝魯」の料理長が推薦するお料理の宿。ずーーーと憧れていたんだー。ただ金沢の駅から少し離れている湯涌という街にポツンとあり、そこに行くには一時間に一本運行されてるバスに乗っていかないといけない。所用時間は約40分、ちょとめんどくさいね。バスでことこと揺れて、それが心地よくてうとうとしててふと顔を上げると、さっきまでの街なみが嘘のような田舎街!山並み!だーさんがキラキラしながら外眺めてる。
    そんな静かな山間にポツンと佇む「銭がめ」。一軒家を改造して造ったようなお宿で、加賀百万国前田藩主が鷹狩りの休憩所として使用していたそうな。いろりもお庭もとても素晴らしくて、だーさんと二人出る言葉は素敵やねー、素敵やねーばっかり。まずはお風呂に入り手足を伸ばす。色んな温泉に入ったけどここの温泉はなかなかいいです。肌ちゅるちゅるになりました。続いて、楽しみのお料理。これが本当にヨカッタ。おいしい以外の言葉が浮かばない。味付けが上品で、京風なのかしら?薄味だった。なので素材の味がきいてる。量も昨日の深三同様多すぎず、少なすぎずでちょうどいい。しーあーわーせー。
    20060826175450.jpg

    20060826175509.jpg

    料理を平らげたあと、もう一度風呂に入った。この温泉気に入ったのなー。
    温泉の後はなーんもすることない。実はこの宿テレビもなければ、携帯も圏外。ほんとなんもすることない。そのかわり将棋と五目並べが部屋においてあった。だーさんに初めて将棋を教えてもらって産まれて初めてさしてみたが…駒の動かし方はいちいちわからんのでいまいち楽しめない!わかったようなわからんような2試合ほどしたがイー!ってなったので続いて五目並べをやったがこれ唯一私がだーさんと互角に対戦できるゲームかも!テレビゲームも何もかも私はだーさんにかなわないのだが五目並べの勝敗は五分五分だった!なんだかとってもうれしいぞ!昨日酒屋さんにいただいた日本酒を飲みながら、そんなこんなで静かに夜は更けていく。聞こえるのは虫の音だけ。
    [2006/07/16 16:53] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    カワハギの肝
    TOP ▲
     我が夫婦は今年もハワイに行きたいねー、夏休みはハワイにしようねーって話あってたものの諸事情により夢叶わず。だがうちひしがれてても夏はくる。夏休みは取れるんだから取らなきゃ、楽しまなきゃつうてプランを練った。行ってみたいところは山ほどある。迷うくらいにある、でもGWに大阪に帰ってないから帰阪もしなきゃいけないし…一週間どーんと取ったのでうまく使えるプランをない知恵ひねって考えましたよ!だーさんは私の意見をくんでくれるとてもやさしい人です。そのかわり事前の予定・スケジュールは全部私が決めないといけないのです。それで行きたいところの点を上手に繋いで線にしたよ!さあ、私たちの夏休み日本横断の旅が始まります。
    今日の行き先は能登半島・輪島。私の母方の田舎です。輪島はいいところなので一度はだーさんを連れてってたかったのと、長い事行ってなかった墓参りに行っときたかったのでこの旅最初の出発地は輪島です。能登空港ができあがり、羽田空港からの直行便ができたので実に便利、快適楽ちん空の旅。羽田→能登は実に近く、席について機内誌広げて、ジュースもらって、機内から見える入道雲に感動したりして、一息ついて、さて寝ようかと思った頃、着陸態勢に入ります。あっという間、ちょっと物足りないくらい。
    20060826163450.jpg

    空港では叔母さん(母の姉)が車で迎えに来てくれており、朝は大雨が降ってたんだと教えてくれた。私たちが能登入りした頃ちょうどやんだらしい。この旅一回目の雨に濡れず女(晴れ女とはちょと違う)威力発揮。おばちゃんにはまずお昼ご飯として「やぶ本店」という蕎麦屋さんに連れていってもらった。 太さがいびつなのはお店で手打ちの証拠ね!とっても歯ごたえがありぷりぷりとしてておいしかった。好物の蕎麦寿司も堪能。
    20060826164638.jpg

    親戚宅の作り酒屋さんをお邪魔してから、「ゼロの焦点」舞台の門前へ。母が小さい頃お世話になったおばあさんが入所しているケアハウスへお見舞いに行った。私も輪島に行くたびにかわいがってくださったおばあさんなのだがもう話す事もできず、一人で動く事もできずぐったりされてて私の事分かってもらえたのかすら分からず。泣きそうになる。 ここまでつきあってくれただーさんに感謝しつつもう一度輪島に戻り、あとは墓参りに行くだけだったのだが今朝の雨のせいでお墓まわりがぐちょぐちょで歩きにくくなってるからと明日へ延期。叔母ちゃん、一日ありがとう。お別れしてからわたしとだーさんは宿へ向かいます。今晩の宿は深三。 こちらは母の遠縁の親戚の方が経営されてるお宿。深三は木のにおいがとっても心地よいお宿、宿っていうか民宿。だからトイレ・洗面所は共同だし、お布団も自分でひかないといけないのです。
    二人でちょっとお昼寝して、晩ご飯まで時間があったので輪島の夕方を散策。夕焼けが雨上がりの夕焼けが素晴らしくキレイ。
    20060826164240.jpg

    でも画像にある土地は昔は海だったところ。最近埋め立てて舗装されたらしいです。でっかいチェーンホテルとか立つんだってさ。でもそれはなんだか私の知ってる輪島じゃないよ。
    さて、深三の晩ご飯ですがこれがとってもヨカッタ!輪島塗りの漆に盛られた輪島産の野菜や採れたばかりの魚たち。旅館の料理ってたいてい食べきれないほどの量だったりするけど深三の晩ご飯は実に適量だった。味付けもくどくも薄くもなくちょうどいい。カワハギの肝がとろけるおいしさでカワハギの刺身と一緒に食べるとなお深みが出てウマイ。海の近くで海のもの食べる幸せよ…!!!大満足の食事でした!

    20060826164443.jpg

    20060826164456.jpg

    浴場は一つだけあって、入る時に「女風呂」「男風呂」「家族風呂」という看板を自ら掲げる。この看板も手作りで実にカワイイ。湯舟につかり、普段クーラーでいじめられてる手足をいたわる。極楽!ああ、幸せの一日目でした。さいさきよすぎ!
    [2006/07/15 16:01] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    鶏じゃが煮
    TOP ▲
    ハモニカ横丁の「みんみん」の餃子をお持ち帰りしてみた。大きくてもちもちした餃子。食べ応えあっておいしかった。
    20060821220115.jpg

    <鶏じゃが煮、餃子>
    [2006/07/11 21:59] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    カレー
    TOP ▲
     日比谷野音を目指して出発。本日もスカパラライブなのです。2days。何かが起こるのか?二日目。
    スペシャルゲストが出るわけでもなく、いつものライブでございました。途中雨が降り始めて、でもうっとおしいわけでもなく、雨フリって事は今日は「雨に濡れても」が出るか?!なんつてそれはそれで楽しみ。スカパラのどんな状況で楽しむ事ができるからいつだって幸せになれる。
    帰りは渋谷に寄り中村屋でカレー食べて帰りました。夏と雨と音楽とカレーの一日。
    [2006/07/09 21:54] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    トムヤンラーメン
    TOP ▲
     トムヤンラーメンはやっぱりやみつきだった。昨日食べたのに今日も足を運んでしまった、休みの日だってのに。でもだーさんにも食べさせてあげたかったのね。ちょうど日比谷で用事があったので通り道だったしね。今日は遅めのお昼、早めの晩ご飯ってことで色々とってみたがどれもうまかった。なおかつ量が多い。気にいったなー、「ティヌーン」。
    お腹ぽんぽこりんになってふらふら歩いてスカパラライブのために日比谷野音につく頃には空に抜けるホーンの音、体に響くリズム隊の音が聞こえてきた!ちょうどリハの最中だったみたい。緑の中、かき氷食べながらしゃがみ込んで「Come On!」を聞く。楽しいなー。
    ライブでは鳩が飛び出したりの小道具はあるものの安心して見られるいつものライブ。そう、いつものライブなんだなー。いいことなんだけど、逆言えばなんかガンスリ風のドキドキハラハラした感じ、今日のライブは今日しかない!という焦燥感、レア感があまり感じられない。スカパラ刺激に飢えてる私としては少し物足りなかった。幸せ空間であることには間違いないんだけどね。
    [2006/07/08 21:45] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    トムヤンラーメン
    TOP ▲
     お昼に会社の方に連れてってもらった「ティヌーン」のトムヤンラーメンがたいそう旨かった。やみつきになる一品。からすっぱうまー。
     私には結婚記念日が三つある。入籍した日と東京に引っ越して一緒に暮らしはじめた日とハワイで挙式あげた日と。今日は二番目の結婚記念日の一周年の日。つまり私がトウキョウジンになって一年たったってこと。世間的には結婚記念日て入籍した日なんかな?だからお祝いは5月に済ませちゃったので、今日は心ん中でおめでとう。今朝通勤中に一年前の朝、泣きながら東京に向かって泣きながらお蕎麦食べたん思い出した。早いな、一年て。楽しかったのであっという間だったよ。私が実家を離れる日がくるなんて、私が親以外の誰かと二人で暮らす日々がくること。不思議な毎日だな、これが日常なんだけども。
    今日は特にお祝いっていうわけではないが、私の頭痛のせいで晩ご飯作る気にもなれずお外ご飯です。
    [2006/07/07 21:39] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    砂肝の唐揚げ
    TOP ▲
    20060820204348.jpg

    <砂肝の唐揚げ、キャベツとアンチョビのパスタ>
    [2006/07/02 20:43] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    カマンベールもんじゃ
    TOP ▲
    だーさん、土曜日出勤なので仕事終わりに渋谷で待ち合わせして晩ご飯。ほんとは早めに出て渋谷のバーゲン物色したかったのだが、吉祥寺でせいいっぱい。パルコやらなんやらがっつり見てまわりましたの。ここんとこ洋服我慢してたからねー、会社用やらのカットソーとか買ったー。本日の晩ご飯は「すずめの御宿」。円山町のいかがわしーいホテル乱立してる中にある民家風(元芸者さんの置屋だったという建物を改築したお店)はとても情緒あり楽しい。つきあいたてのカップルがいくには色んな意味で勇気が必要な店だけどね。味は普通だったけど雰囲気を楽しめたからまぁよし。場所が場所で、ちょうど読み終わった「東電OL」を何度も思いだした。
    [2006/07/01 20:35] | | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • この記事のURL | TOP ▲
    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。